スーパーで働く時間帯

スーパーのアルバイトは、普段から買い物をしているところで仕事ができるという意味で気楽に始めやすく、時給は低めでも長時間働いて稼ぎやすいというメリットがあります。研修制度もしっかりとしているため、何も用意していかずとも必要なことはその場で教わることが出来ます。フルタイムで働いている現場責任者が必ずいることから、実際に働き始めて困ることがあっても対応をしてもらえるという気軽さがあります。

しかし、実際に仕事についてみると長時間働けるというのは事実であるものの、あまりシフトに融通が効かずに困ってしまうということもよくあることです。スーパーでは主婦がパートで働いていることが多いため、午前中から夕方までの人材は主婦からほとんど確保されていることが一般的となっています。そのため、学生アルバイトの中心となるシフトは早朝や夕方以降、夜間の営業終了後までになりやすいのです。こういった時間帯を含めて長く働くということが前提になるため、仕事の時間に都合をつけにくい人は苦労を強いられることになります。しかし、住宅地から少し離れたスーパーとなると、主婦パートの人が少ないために昼間だけでも働くことができるでしょう。主婦パートで働く人達は、自分が普段から通っているお店を仕事場にすることが多いため、近隣のお店を選びがちです。そのため、住宅地から少し離れた場所にあるとパートで働く人が少なくなりがちであり、学生アルバイトが活躍できる舞台になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です